インポはカマグラに頼れ

インポなら我慢せずにカマグラに頼りましょう

薬の処方を指示している医者

EDを克服したいなら肥満を避ける

テストステロン(男性ホルモン)は、造血作用、血管の健康を守って動脈硬化やメタボリックシンドロームの予防したり、認知機能維持などに影響を与えます。
EDの原因には、テストステロンの低下と関連があり、日本人の男性の6割以上にあるとされています。
近年では、冠動脈疾患がある患者さんはED罹患率が高く、冠動脈疾患が現われる数年前にEDが自覚されることも多いとされていています。
陰茎の動脈は細いため、初期の動脈硬化でも影響が現われやすく、EDを引き起こす要因になっています。
EDを克服したいなら生活習慣を見直し、肥満を避けることが重要です。
高脂血症(脂質異常症)や高血圧などで動脈硬化を進行させるとEDの症状がでてしまいます。
高脂肪や高塩分の食事は避けて、栄養バランスのよい食生活を心がけることが大切です。
タマネギやネギ、ニンニクなどに含まれる含硫アミノ酸は、テストステロンを増やす効果があるとされています。
EDを克服したいなら、普段の生活のなかで運動不足を解消し、肥満を避けることです。
ウォーキングなどの適度な運動を習慣づけて行い、食生活でテストステロンを増やし、タバコや飲酒は血管の健康によくないので止めて、EDの予防や改善に努めましょう。